画像イメージ

ここからページの本文です

槙 究

生活科学部 生活環境学科 教授、大学教育研究センター長

槙 究(まき きわむ)

MAKI Kiwamu

研究室
日野キャンパス 本館427
専門分野・専攻
環境心理学・色彩計画
個人ホームページ
http://www.jissen.ac.jp/kankyo/lab-maki2/maki/maki-intro.html別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

配色の好み、インテリアの好み、街並みの好み。そういった様々な好みの特徴、また、それと関連する個人の属性を明らかにする研究
街並み、インテリア、プロダクト、洋服などの配色調和に関する研究
素材感の印象構造に関する研究
看板等の街路景観構成要素の印象評価や実態調査

主な担当授業と概要

色彩学

カラーデザインを行うときに役立つ知識を講述しています。研究を通して色彩を捉えると、一般に考えられていることとは異なる面白い側面が見えてきます。それをカラーデザインに役立てたいのです。

環境心理学

建築空間や都市のデザインをするときに、人が環境をどう捉えているのか、そしてどう行動し、どう変化を加えていくのかに関わる心理学的な知識が必要になります。それを講述し、コンセプチュアルなデザインを体験しています。

研究室・ゼミ紹介

環境デザイン研究室では、インタビュー、行動観察、評定実験などの手法を使って、人間と環境の関わりを明らかにしていくというのが、基本的なスタンスです。あそこの研究室に行けば何でもできるというようなミョーな噂が立っているらしいですが、確かにインテリアからエクステリアまで、対象は幅広いです。人のココロの不思議、生活環境との関わりの面白さを見つけ出したいと考えています。
3年次のゼミでは、照明を作ったり自分で設定したテーマで簡易な調査・研究を行ったりといくつかのプロジェクトをやって、ポートフォリオとしてまとめています。

卒業論文題目

集合住宅用カラーパレットの作成 ー日/葡/蘭の集合住宅色彩調査をもとにー
素材のマッチングが室内空間の印象に及ぼす影響
歩行速度と街路景観の魅力の関係について
カフェでの過ごし方によるBGM評価の相違
昼光照明環境の変化とその許容範囲について

趣味・特技

学会や学生と行く海外研修旅行・ゼミ合宿などで建物や街並みを見るのが楽しみ。美術館を訪れるのも、おいしい食事も楽しみ。

受験生へのメッセージ

我々の学科は、楽しいところだと思います。教職員と一緒に、友達や先輩後輩と一緒に、楽しく学びましょう。大いに学ぶ4年間が、みなさんの人生を実り豊かになるよう、一緒に考え、行動していきたいと思います。