画像イメージ

ここからページの本文です

宮崎 法子

文学研究科 美術史学専攻 教授、学科主任、専攻主任、博物館学課程主任

宮崎 法子(みやざき のりこ)

MIYAZAKI Noriko

研究室
渋谷キャンパス 1507
専門分野・専攻
美術史 (中国美術史)
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

中国近世文人画研究
日本近世近代の中国美術受容とその変遷
東アジアの女性画家研究

主な担当授業と概要

中国美術史入門ab

入門aは、古代の造形から、宋元画までを、時代背景と関連づけながら概観します。入門bは、異民族支配下で、伝統を見つめ、新しい芸術を確立していった、元代の文人画家から、明、清時代の多様で、個性的な画家達の生き方と創作を追います。

中国美術史特講a、b、c、d

特講acは、元以降の山水画を中心に、毎年テーマを変えて扱います。今年は八大山人と石涛を中心に、明末清初の激動の時代のなかでの個性的な芸術を見ていきます。特講bdは、隔年で、歴代の花鳥画と仕女図を扱います。

研究室・ゼミ紹介

ゼミ生と大学院生が、各自興味をもった作品について、漢文や英語、中国語の文献等も使いながら研究していますが、最も大切なことは作品をよく見ることです。見学旅行などで、絵を見る楽しさを共有しています。

卒業論文題目

惲寿平≪花卉図冊≫について
中国絵画における子供の表現—蘇漢臣『秋庭戯嬰図』を中心に
文徴明≪真賞齋図巻≫について
徐渭≪花卉図巻≫について
元代青花文様—≪デーヴィッド瓶≫を中心に

受験生へのメッセージ

中国の絵画は大学に入るまで知らないのが普通です。皆ゼロからのスタートです。でも、思いがけず素晴らしい世界が広がっていますので、楽しみにしていて下さい。