画像イメージ

ここからページの本文です

村上 まどか

村上 まどか

文学研究科 英文学専攻 教授

村上 まどか(むらかみ まどか)

MURAKAMI Madoka

研究室
渋谷キャンパス 1413
専門分野・専攻
英語学、生成文法
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

2010年4月から1年間イタリアのシエナに留学し、英語のみならず欧州諸語の動詞移動研究を深めてきました。イタリア国内ではシエナとヴェネツィア、ヨーロッパではリトアニア、ポーランド、オランダで学会発表をいたしました。動詞移動とは、動詞と助動詞や否定辞との位置関係に影響を与える動詞の動きです。疑問文や否定文や命令文の作り方—学校で教わる文法規則ではなく、母語話者が心の中に持っている生成文法と呼ばれる規則による作り方—を研究しています。
最近の論文: Murakami, Madoka (2013) “Verb Movement: The contrast between English and Italian” Studies in Linguistics, Vol. 5, pp. 117-143, University of Siena.
最近の書評: Murakami, Madoka (2014)
“Review of Pierre Larrivee and Richard Ingham (eds.) (2011) The Evolution of Negation: Beyond the Jespersen Cycle, De Gruyter Mouton,” Studies in English Literature, English Number 55, pp. 233-243.

主な担当授業と概要

英語学概論 b

英語学における意味論・語用論にもトピックを広げ、文脈や談話、コミュニケーションについて考察を広げます。社会言語学・英語教育についても基礎を学びます。

女性と言語学

英語と日本語における女性差別的な表現をさまざまな角度から豊富な実例を挙げて観察することによって、1970年代から現在にいたるまでの女性に関する社会言語学を概観します。

研究室・ゼミ紹介

英語学・英語教育に関することならどんなことでも自由にやらせてもらえる上に、どんな相談にも乗ってもらえるという好評を得ています。「このゼミの特色は、なんといっても村上まどか先生自身です。」(学生によるゼミ紹介文より)

卒業論文題目

助動詞 can と may について
日英語における男女の会話スタイルの違い
ニュージーランド英語の成立と特徴
第2言語習得における臨界期仮説

趣味・特技

少女時代に挫折して、40代で再開したピアノ
最近弾いた曲: ドビュッシー「アラベスク」1番、2番 、 メンデルスゾーン『無言歌集』より「甘い思い出」「信頼」「詩人の竪琴」、ブラームス「ラプソディ」2番、『間奏曲集』作品118の1番、2番

受験生へのメッセージ

若いうちに勉強することは、将来の自分自身の身のためです。まんべんなく学んで、未来に羽ばたいていきましょう。