画像イメージ

ここからページの本文です

中村 彰男

生活科学部 食生活科学科 教授

中村 彰男(なかむら あきお)

NAKAMURA Akio

研究室
日野キャンパス 本館402(栄養生化学研究室)
専門分野・専攻
生化学・分子生物学・分子薬理学・基礎栄養学・応用栄養学・生理学・細胞生物学・構造生物学
個人ホームページ
https://www.facebook.com/akio.nakamura.71別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

日本は世界でも類を見ない超高齢化社会に突入しました。身体が元気で長く生きるためには食生活が基本です。食の欧米化に伴い生活習慣病(糖尿病、高血圧など)を発症する人は年々増加しています。これらの生活習慣病にかかるリスクは実は生まれる前のお母さんのお腹にいる胎児期にほぼ決まってしまうという驚愕の事実が明らかになっています。つまり、生まれてきた子供の将来の健康や疾病発症に胎児期から幼小児期の環境が強く影響を及ぼすというDevelopmental Origins of Health and Disease( DOHaD;ドーハッド)説が世界中で注目を集めています。恐らく昔から「三つ子の魂百まで」と言われるように多くの先人達はこのことを経験的に知っていたのでしょう!栄養生化学研究室ではこのDOHaD説を分子レベルで明らかにする為に、栄養シグナルが子宮内環境に及ぼす影響に関して培養細胞から個体まで様々なレベルでの研究を行っています。

主な担当授業と概要

基礎栄養学 (管理栄養士専攻・健康栄養専攻・食物科学専攻)

基礎栄養学では生化学、生理学、分子生物学、微生物学と関連づけながら、栄養素が健康の維持や健康増進にどのように関わっているかについて「食と健康」に携わる分野にて幅広く活用するための基礎知識を学修します。

生化学 (管理栄養士専攻・健康栄養専攻)

生化学は生命活動を化学の目を通してみることにより「人体の構造と機能」をより深く理解する上で重要な基幹科目です。講義では身近な話題を交えて、複雑な分野を楽しみながら分かり易く学修します。

研究室・ゼミ紹介

当研究室はゼミを通じて、自然や健康そして食への探究心を養い、多くの友人や先生と得ることができる大学らしい研究環境を提供したいと考えています。月に1~2回のプログレスレポートと勉強会を行います。

卒業論文題目

下記は予定している卒論研究テーマです。
①エクソソームによる心血管系細胞のシグナル伝達制御に関するオミックス研究。
②子宮内高血糖環境における神経グリア細胞の栄養シグナル伝達に関する研究。
③後発酵茶が腸内細菌を介して自己免疫疾患に与える影響に関する研究。
④タバコに含まれる不飽和カルボニル化合物による機能プロテオーム解析。

趣味・特技

趣味:読書(哲学・思想)、武術研究、六大茶、ギター、アクアリウム、化石・鉱物採集
特技:合気道(合気会三段)

受験生へのメッセージ

大学4年間はあっという間です。多くの事にチャレンジしましょう!人生では常にリスクとベネフィットを天秤にかけ、自己決定していかなければなりません。皆さんが豊かな人生を送るためにも、幅広い教養と知識を楽しみながら積み上げることが大切だと思います。私達は皆さんが自己実現できるために最大限のお手伝いを惜しまないつもりです。楽しみながら学びましょう!