画像イメージ

ここからページの本文です

大川 知子

生活科学研究科 生活環境学専攻 准教授

大川 知子(おおかわ ともこ)

OKAWA Tomoko

研究室
日野キャンパス 本館324
専門分野・専攻
経営学、ファッション・ビジネス、企業経営史
個人ホームページ
http://fashionbusinessstudytokyo.blogspot.jp/別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

・ファッション関連企業の経営と事業戦略
・日本における欧米ファッションの受容 など

主な担当授業と概要

ファッションビジネス論

1年次対象の『ファッションビジネスの世界』で学んだ、素材/アパレル/流通の基礎知識を踏まえ、複雑、かつ日々変化する現代のファッションビジネスの潮流を学びます。

マーケティング論

マーケティングとは年々厳しさを増す市場において、企業が市場で支持される製品(サービス)の開発によって、競争優位を確立するために必要な活動を指します。多様化する近年の生活者動向を踏まえ、その基本を学びます。

研究室・ゼミ紹介

ファッションビジネスは「変化のビジネス」と言われ、栄枯盛衰が激しく、捉えどころが無い難しさもはらんでいます。しかしながらこの領域がカバーする内容は、テキスタイル/アパレル/流通と多岐に渡り、時代の変化や生活者の価値観の変化によってダイナミックに転換が起こる—、そこにこの産業の面白さがあります。
ゼミでは、学生自らが主体的に学ぶことに主眼を置いています。真剣に学んで真剣に遊ぶ。新しい分野だからこそ成し得る多くのチャレンジに、学生のみなさんと取り組んでいきたいです。

卒業論文題目

・フェアトレードにおけるエシカルファッションの現状と課題
・ファッション通販の飛躍的成長—ECのこれから
・シニア女性の体型変化とファッションへの意識
・飲食産業におけるユニフォームのあり方
・『VERY』にみるファッション誌の変化—雑誌不況時代の在り方
・デザインの効果—マスカラを事例に
・女子高生制服の変遷にみる時代の変化
・富士吉田の織物産業の発展と今後
2016年度は、以上、8本の卒業論文が提出されました。

受験生へのメッセージ

ファッションビジネスは人に始まり、人に終わる—、そして、何より大切なのは現場で五感を使って感じるということだと考えています。教室で知識のベースを作るのはもちろんのこと、実際に現場に出向き、多くの方たちに出会う中から、沢山の刺激を受けて成長の糧にして欲しいです。