画像イメージ

ここからページの本文です

佐藤 健

生活科学部 生活環境学科 教授

佐藤 健(さとう たけし)

SATO Takeshi

研究室
日野キャンパス 本館428
専門分野・専攻
人間工学・認知神経科学
個人ホームページ
http://www.jissen.ac.jp/kankyo/lab-sato/index.html別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

ポールウォーキングの評価に関する研究
睡眠環境とネット依存と自律神経の関係
大型バイク運転中の人間行動の評価
JAVAを用いたセンサーデバイスネットワークに関する研究
特殊空間内での運動・動作・姿勢・疲労に関する研究

主な担当授業と概要

人間工学

人間工学は、エルゴノミクス(Ergonomics)やヒューマンファクター(Human Factors)とも呼ばれており、私たちの生活の中に定着しています。人間工学は、働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な科学技術について解説します。

ICT基礎演習

一般的なコンピュータリテラシーのレベルと範囲ではなく、コンピュータのアーキテクチャやオペレーションシステムとネットワークについて、実習形式で学習します。最初は、古いノートパソコンなどを分解するところから始まり、UNIXサーバーを構築するところまで行います。

研究室・ゼミ紹介

文系でもなく、理系でもなく、現場系のお出かけ大好き研究室です。ヒトや生活環境の安全や健康をテーマにした研究をしています。他大学との合同実験合宿や実験施設見学などの教室では触れられないイベントがあります。希望者には、海外での研究発表経験も積めます。学生時代に学会発表を記念にどうですか?!

卒業論文題目

ノルディックウォークのバイオメカニクス的検討
モバイルKIMONO の提案
走動作における下肢バネ特性の左右脚差
脊髄損傷者の身体特性の研究 〜 姿勢変換時における換気応答 〜
機能性衣料品における運動効果の評価に関する研究

趣味・特技

釣り、キャットショー見学・ハンダ付け

受験生へのメッセージ

私たちの日常生活には多種多様な生活環境、考え方、製品、サービスがあります。これらの文明の創造物は、健康で豊かな生活環境を享受するために様々な仕組みや優れた機能を考えられて世の中に出てきます。人間工学は、TVコマーシャルや製品の説明などで使われることも多々ありますが、非常に多くの学問的背景を持った分野です。文系・理系など関係なく興味と探究心を持つことで国際的な経験も積むことができます。