画像イメージ

ここからページの本文です

下山 肇

文学部 美学美術史学科 准教授

下山 肇(しもやま はじめ)

SHIMOYAMA Hajime

研究室
渋谷キャンパス 1506
専門分野・専攻
空間デザイン、造形、グラフィックデザイン、創造力開発系アートプログラム開発
個人ホームページ
http://hajimeshimoyama.com/別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

アート・デザインによる地域活性化
知性と感性の融合を目指す空間造形

主な担当授業と概要

デザイン入門a ?色・形・構成?

 デザイン思考の魅力と役割や現代社会との関わり、歴史について理解する。また色と形、構成についての練習課題を制作し、さらに初歩的なデザイン行為として、色彩構成によるイラストレーションを制作する。

デザイン実習d ?企画デザイン?

 「コト」のデザインの一例として、地域コミュニティの活性化や高齢社会、また幼児教育に対しての有効な手段とされる「創造力開発系アートワークショップ」について研究し、オリジナルプログラムを開発・実践する。

研究室・ゼミ紹介

研究室では主に以下の活動を行っています
1)人と社会の活性化をめざす産学官連携のデザインプロジェクト
  ・ 伊香保アートプロジェクト 2011年?(群馬県)
  ・ 高崎Art製造Project カロエ 2011年?(群馬県)
  ・ 日野駅周辺活性化プロジェクト 2012年?(東京都) など
2)公共施設や病院、イベントなどへの空間デザインと造形
  ・ 神戸ビエンナーレ 2007年?(兵庫県)
  ・ 種子島宇宙芸術祭 2014年(鹿児島県)
  ・ 先端医療施設へのモニュメントとレリーフのデザイン・製作 2014年(兵庫県)
  ・ 市庁舎へのモニュメントのデザイン・製作 2014年(兵庫県)
  ・ 病院へのレリーフのデザイン・製作 2015年(愛知県) など
3)研究発表
  ・ 新制作展 (国立新美術館)
  ・ 環境芸術学会
  ・ IAF 国際宇宙会議 など

受験生へのメッセージ

世界は美しく、楽しさに満ちあふれています。しかし私たちが働きかけないとそのことは気づきにくいものです。いくつかのデザイン実技の授業を通して、世界と関わる手段を学び、皆さんも共に世界の楽しさ、美しさについてたくさん発見し、吸収していきましょう。