画像イメージ

ここからページの本文です

須賀 千絵

図書館学課程 専任講師

須賀 千絵(すが ちえ)

SUGA Chie

研究室
渋谷キャンパス 1412
専門分野・専攻
図書館情報学

最近の研究テーマ等

①1980年代以降のイギリスの公共図書館政策の変遷について、個人で研究しています。国民のニーズの多様化や公共事業の拡大に伴う財政負担の増加などによって、国が公共的な事業を自ら行うという「福祉国家」という考え方は、イギリスを含め、広く世界で見直されるようになるに伴い、公共図書館のサービスや運営のあり方も大きく変わりつつあります。②日本の公共図書館における健康・医療情報の提供のあり方について、国立がんセンターなどの複数の研究者と共同研究を行っています。③公共図書館において子どもを対象に行われている「ぬいぐるみおとまり会」について、個々の図書館の取組みや独自の工夫について調べ、その意義を明らかにする研究を行いました。

主な担当授業と概要

図書館概論

図書館には、公共図書館や大学図書館など、さまざまな種類があります。この授業では、司書資格の取得をめざす学生を対象に、それぞれの図書館の活動や、図書館が社会においてはたしている役割について解説します。

児童図書館サービス論a・児童図書館サービス論b

公共図書館にとって、子どもは重要なサービス対象のひとつです。児童図書館サービス論aでは、子どもの本について、同bでは、読み聞かせやおはなしなど、図書館で行われている各種の児童サービスについて学びます。

研究室・ゼミ紹介

図書館学課程にはゼミはありませんが、ゼミ形式で行う授業として、選択科目の図書館実習があります。図書館実習とは、公共図書館や大学図書館などにおいて、2週間の業務実習を体験する授業です。実習に先立って、図書館員が自分たちの仕事について述べたさまざまな実践記録などを読み、ゼミ形式で発表や話し合いを行います。そのうえで、それぞれの希望に基づき、公共図書館や大学図書館などに実習を依頼し、受け入れてくださった館において、図書館の仕事を実地で学びます。それぞれの館の事情に応じて、図書館のカウンターでの貸出、本や情報を利用者からの質問への応対、図書館の本の目録の作成など、多様な仕事が体験できると思います。

趣味・特技

趣味はフィギュアスケートの観戦です。特に好きなスケーターは、宇野昌磨選手、ジェイソン・ブラウン選手、すでに引退している織田信成さんです。

受験生へのメッセージ

図書館学課程は、司書、司書教諭、学校司書として図書館で働くために必要な知識や技能を学ぶための課程です。しかし単に資格や関連科目を履修したことの証明書を得ることだけが図書館学課程の目標ではありません。一連の科目を学ぶことを通して、本や情報が集まり、また不特定多数の人々が気軽に利用できる「図書館」という場が、現在そして今後の社会においてどのような役割を果たしうるかという問題について考えていきます。