画像イメージ

ここからページの本文です

渡辺 敏

渡辺 敏

生活科学部 生活文化学科 准教授

渡辺 敏(わたなべ さとし)

WATANABE Satoshi

研究室
日野キャンパス 第4館461
専門分野・専攻
初等教育(算数)
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

「幼児(5歳児)・児童(6歳児・7歳児)の立体の構成と展開図の念頭操作に関する研究」 幼児および児童がどのように平面から立体を作成するのか、また平面からできあがる立体を考えることは可能なのかをインタビュー調査から研究しています。

主な担当授業と概要

初等教科教育法(算数)

小学校で学習する算数の教材や指導法について学びます。15回の授業の中で、1度は公立の小学校で算数を教える先生の授業を参観し、授業記録のとり方を学びます。また、各自が指導案を立てて、学生相手に模擬授業を行います。模擬授業を行った後は、グループごとに教材、教師、子どもの3つの面から授業を考察し、次回の模擬授業に生かせるようにしています。

道徳の指導法

小学校で学習する道徳の教材や指導法について学びます。品川にあるユニセフハウスを見学し、世界の子どもたちの置けれている現状を理解し、道徳の教材開発に生かすようにします。道徳の教科書、心のノートなどの使い方を考え、各自が指導案を立てて、学生相手に模擬授業を行います。模擬授業を行った後は、グループごとに教材、教師、子どもの3面から授業を考察し、次回の模擬授業に生かせるようにします。

研究室・ゼミ紹介

3年生では教育心理学の本を読み、言葉や数についての認知、また子どもの学習意欲などをレポートにまとめ話し合う学習をしています。その際に小学校現場での子どもの学びの姿や指導上の困難点に目を向け、具体的な事例を基に話し合いを行っています。4年生では教育実習を踏まえ、先行研究を参照しながら各自の教育上関心のあるテーマを論文に仕上げています。その他に、イベント係りや遠足係などを決め、食事会や郊外学習をみんなで楽しみ懇親を深めています。

卒業論文題目

「小学校低学年における学習意欲に関する研究」「算数における躓きとその指導に関する研究」「板書からみた若手教員とベテラン教員の学級経営能力の被比較研究」

趣味・特技

小学校時代は野球(所沢リトルリーグ)中学校時代は野球部(川越市立大東中学校)高校時代は柔道部(川越高校)大学時代はアメリカンフットボール(横浜国立大学マスチフス)社会人になってからは教員サッカー(横浜市立希望が丘小学校)お茶の水女子大学附属小学校に転勤してからは東京ドームに読売ジャイアンツを熱心に応援しています。スポーツは見るのもするのも大好きです。

受験生へのメッセージ

今年実践女子大学に来てびっくりしたのが、先生方が学生さんに大変親切、丁寧な指導をされること。学生さんに細やかな支援をしてくださる助手さんも大変頼りになる存在です。幼稚園・保育園・小学校の教員を目指す人、親切丁寧は指導を望む人にぴったりの大学です。