画像イメージ

ここからページの本文です

山根 純佳

人間社会研究科 人間社会専攻 准教授

山根 純佳(やまね すみか)

YAMANE Sumika

研究室
渋谷キャンパス 1217
専門分野・専攻
社会学・ジェンダー論
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

日本型福祉社会の再編と女性労働
ケアの準市場化・市場化における非営利事業体の位置と戦略
介護労働施設における両立支援とジェンダー                                          

主な担当授業と概要

ジェンダー論

ジェンダー研究の視点から、法、家族、労働市場、生殖、LGBT、グローバリゼーション等のテーマを取り上げます。女性解放運動(フェミニズム)によって社会が変動してきたのか、またこれからの社会の課題とは何か、ディスカッションを交えながら考察します。

女性と労働 

男性が稼ぎ、女性が家事・育児・パートという男性稼ぎ手構造が生成された歴史的過程と、この構造の問題点について、女性の働きやすさや、育児・介護労働との関係から考えます。

研究室・ゼミ紹介

ゼミでは、女性の雇用全般(女性の家事・育児、両立支援、女性管理職、ハラスメント)やLGBTの問題、メディアにおけるジェンダーなど、ジェンダーに関連する幅広いテーマについて、文献を読みながら学んでいきます。また、卒業論文執筆の際には、インタビュー調査やアンケート調査など実際に自分でデータをとり分析をおこないますので、調査方法の指導もおこないます。働く女性たちとの交流や他大学との交流、学会や研究会への参加をとおして、学外の人たちとの交流もすすめ、人的ネットワークを広げる支援をおこないます。

卒業論文題目

『大学教育とジェンダー・トラック-学部と母親のメッセージの影響」「女性大学生のアルバイトにおけるセクシャル・ハラスメント経験」「サービス業で働く女性のワーク・ライフ・バランス」「性役割分業と専業主婦の育児不安」

趣味・特技

ドライブ、最近は庭いじり

受験生へのメッセージ

女性が一生働きつづけるためにはさまざまな障壁がありますが、このゼミではこのような構造をまず知り、そのうえで生き残るための戦略をいっしょに考えます。ぜひいっしょに勉強しましょう。