画像イメージ

ここからページの本文です

山内 博之

山内 博之

文学研究科 国文学専攻 教授、学科主任

山内 博之(やまうち ひろゆき)

YAMAUCHI Hiroyuki

研究室
渋谷キャンパス 1312
専門分野・専攻
日本語教育
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

最近力を入れているのが、類義語の使い分けに関する研究です。「将来」と「未来」は似たような意味を持っているので、「子供たちの将来が心配だ」とも言えるし、「子供たちの未来が心配だ」とも言えます。しかし、「私は将来、医者になりたい」とは言えますが、「私は未来、医者になりたい」とは言えません。また、「すぐ」と「もうすぐ」も似たような意味を持っているので、「彼はすぐ来ると思います」とも言えるし、「彼はもうすぐ来ると思います」とも言えます。しかし、「大変だ。すぐ来てくれ!」とは言えますが、「大変だ。もうすぐ来てくれ!」とは言えません。このような類義語の使い分けのルールを探る研究をしています。

主な担当授業と概要

日本語教育文法−初級−

「エレベーターで遊ばないでください」という文には、まったく違う2つの意味がありますが、わかりますか。このようなクイズを解いてもらうことから始め、日本語の文法をわかりやすく解説していきます。

日本語教育学演習b1

「近づく」と「近寄る」は意味が似ていますよね。しかし、「夏休みが近づいてきた」と言えるのに、「夏休みが近寄ってきた」とは言えません。どうしてなのでしょうか。このような問題について一緒に考えていきます。

研究室・ゼミ紹介

外国人からは日本語がどのように見えているのか、どのように日本語を教えると最も効果的なのか。ゼミでは、主にそのようなことを研究テーマとして扱っています。我々日本人は、記憶もないぐらい幼いころから日本語が話せてしまっているので、日本語を客観的に眺めることをしないし、また、しようと思ってもなかなかできません。一方、日本語を学ぶ外国人は、日本語を客観的に見つめ、そのルールを習得しようとしています。そのような外国人の視点から日本語を眺め、日本語のルールを解明していくことが、ゼミの目標です。そのような研究成果を生かすために、海外や国内の大学、日本語学校で日本語教師として働いているOGたちもいます。

卒業論文題目

女性向けファッション雑誌における「盛る」の意味・用法
先生、ペン借りてもいいですか?−依頼表現としての「てもいいですか」−
スーパー戦隊ヒーローソングの歌詞の分析−主題歌と挿入歌の比較を中心に−
JRの駅名に関する研究−都市部と非都市部の駅名の比較−
「大丈夫」と「平気」の使い分けに関する研究

趣味・特技

趣味:ベルギービール、料理、英語
特技:柔道二段、相撲二段、ベンチプレス150キロ

受験生へのメッセージ

日本語について「不思議だ!」「なぜだろう?」と自分で感じ、それを自らの手で解明していくことは、本当に興味深く、ドキドキすることです。そして、ほんの小さなことでも、何かわかった時には、大きな感動があります。みなさんにも、ぜひ、そんな“感動”を味わっていただきたいと思います。