ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

向田邦子文庫(特設サイト)

向田邦子文庫は、関係者の尽力により実践女子大学図書館の特殊文庫として1987年に設置されました。
本学卒業生(1950年卒)であり、第83回直木賞(1980年)を受賞した、向田邦子氏(1929~1981)の旧蔵書を
もとに、シナリオ、「映画ストーリー」編集者時代からの執筆記事が掲載された雑誌・新聞、向田について
書かれた雑誌・新聞記事・図書、全著作の初版本等、約3千点の文献が揃っているほか、脚本を書いたドラマの
ビデオ等も所蔵しています。
また、渋谷キャンパス内に展示室を開設し、2014年11月より一般公開をしています。ご家族より寄贈された
多数の蔵書・シナリオ・自筆原稿の他、原稿を執筆した机・椅子・万年筆、日常に使用したバッグ類や
湯呑などの遺品などを展示しています。

画像イメージ

【向田邦子文庫展示室】

 ◆場所
  渋谷キャンパス 120周年記念館1階プラザ
 ◆開室時間
  月~土 9:00~17:00
 ◆休室日
  日曜、祝日、本学休校日、展示入れ替え期間等
   ※詳しくは開室カレンダーをご確認ください。
 ◆入室料
  無料

現在の展示テーマ

向田邦子と森繁久彌

今回は「向田邦子と森繁久彌」展を公開します。

向田が『映画ストーリー』の編集者として働いていた雄鶏社を退職した後、最初に脚本家として
抜擢されたのがラジオドラマ「森繁の“重役読本”」でした。この番組は好評を博し、放送は7年間、
2448回にわたり、その後はテレビドラマでまた共に仕事をしていくことになります。

当館は、森繁久彌氏から『森繁の“重役読本”』と『七人の孫』の台本を寄贈していただきました。
今回の展示ではその台本を中心に、才能あふれる向田と、それを見いだした森繁、名コンビの足跡を辿ります。

主な展示資料について

 向田邦子の蔵書
 (1)森繁の“重役読本”
   台本「森繁の“重役読本”」、書籍「森繁の重役読本」、「六つのひきだし」、
   重役読本に関わるエッセイや雑誌記事
 (2)七人の孫
    台本「七人の孫」、七人の孫に関わるエッセイや雑誌記事
 (3)だいこんの花
    台本「だいこんの花」(複製)、書籍「だいこんの花」、だいこんの花に関する
    エッセイや雑誌記事
 (4)森繁久彌執筆の向田邦子に関わるエッセイ

展示期間

 2019年12月2日(月)~2020年3月19日(木)
  開館カレンダー(左下にあります)をご確認の上、ご来館ください。

資料構成

旧蔵書・・・ご家族より寄贈いただいた、南青山の自宅に残された図書・雑誌

著作文献・・・雑誌「映画ストーリー」の編集者時代からの記事掲載誌
       全著作の初版本等
参考文献・・・向田氏について書かれた雑誌・新聞記事、図書等を収集中。
      
シナリオ・・・ラジオ・テレビドラマの台本 現在も収集中。

遺品・・・テーブル・椅子、留守番電話等。

向田邦子

向田邦子略歴

所蔵コレクション

所蔵コレクションの一部をご紹介します。

向田邦子文庫展示室開室カレンダー

向田邦子文庫展示室の開室スケジュールです。お越しになる前にご確認ください。

特殊コレクションの利用方法

展示室はご自由にご覧いただけます。展示以外の資料の閲覧を希望される場合は事前申込みが必要です。詳細はこちら。

データベース

所蔵コレクション等をデータベースで検索できます。

アーカイブ

過去に実施した展示やイベント等の記録です。

向田関連ニュース

向田さんに関する様々な情報を提供します。

当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです