画像イメージ

ここからページの本文です

生活環境学科のFAQ

全て開閉する

何を学ぶことができますか?

生活環境学科では、快適な生活環境の創造を目指し、衣・モノ・住まいを中心に、人間と人間を取り巻く身近な環境について教育・研究を行います。
カリキュラムには、専門を深く学ぶためのアパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、住環境デザインの3つの科目群があります。それらに加え、各分野に共通する基礎を学ぶ生活環境基礎科目群を配置し、分野間の連携を強化した構成としています。

どのような先生がいますか?

様々な先生が、様々な研究をしています。各スタッフの研究題目などを参考にして下さい。

どんな学生がいますか?

アパレル・ファッション、プロダクト・インテリア、建築や住環境、情報環境、デザインなどに興味を持ち、それぞれの分野を深く学びたいという学生が多いです。卒業後、学科で取得できる資格を生かした仕事に就きたいと意欲を持って学ぶ学生もたくさんいます。

卒業後の進路・就職について教えてください。

衣料管理士やインテリアプランナーなどの資格を活かして、アパレル(小 売)、住宅メーカー(地元工務店含む)を中心に、営業・販売・事務・専門職に就く人が多いです。
卒業生進路・資格のページをご覧ください。

取得できる資格を教えてください。

資格取得一覧をご覧ください。

生活環境学科で学べる3つの分野について教えてください。

アパレル・ファッションの分野は、衣服やファッションに興味があり、衣服に関するトータルな知識や技術を身につけ、1級衣料管理士の資格を取得したい学生向けの分野です。
プロダクト・インテリアの分野は、生活をするためのモノ(道具)やインテリアに興味があり、「環境—モノー人間系」を総合的に学びたい人向けの分野です。
住環境デザインの分野は、住居やさまざまな建築の空間に興味があり、そうした住環境のデザインの知識や技術を基礎から応用まで、きちんと身につけたい人向けの分野です。
必修科目は3科目だけなので、1つの分野を重点的に学ぶことも、3つの分野にまたがって学ぶこともできます。

生活環境とは何ですか?

私たちにとって最も身近な環境であり、私たちの生活そのものと切っても切れない関係にあります。それは、人の最低限の安全性を保障するだけではなく、私たちにとってのより良い生活、より快適で便利な生活をサポートしてくれるものです。さらに、自分なりの「衣」「物」「住」といった生活環境を整えることは、一種の自己表現であり、他の人とのコミュニケーションの手段ともなっています。つまり、豊かな「生活環境」を創っていくことは、私たち自身の社会や文化を創ることともつながっているのです。