画像イメージ

ここからページの本文です

英語コミュニケーション学科のFAQ

全て開閉する

英語の授業についていけますか?

英語コミュニケーション学科では1年次の英語の授業を習熟度別で受ける少人数制にしています。学生は自分の学力にあったクラスで授業を受けられます。
担当の教員がクラスの学力にあった内容と進度で授業を行いますので、まじめに授業に取り組んでいれば必ず単位はとれます。
どの教員もわからないところがあれば、いつでも快く質問に応じてくれます。心配ありません。

ネイティブの先生とお話したいのですが?

現在英語コミュニケーション学科では、複数のネイティブの先生がとても楽しく英語の授業を行っています。授業ではもちろんその他の時間でも研究室を訪ねればいつでもお話ができます。
非常勤の先生は非常勤講師室や英コミ研究室でお会いしたときに進んで話しかけてください。きっと喜んで応じてくれますよ!

高校の担任みたいなものはありますか?

1年生も2年生も担任がいます。
オフィスアワーという時間を使って、個人面談を行い、進路や学生生活全般について相談にのります。無事に卒業し、就職・編入できるよう指導しています。

授業以外で先生と接する機会はありますか?

もちろんあります。専任の先生が登校している日はいつでも研究室を訪ねればお会いできます。
ただ会議や委員会などで不在の時もありますので、あらかじめメールや助手さんを通してアポをとっておいた方がいいと思います。どの先生もみなさんフレンドリーで楽しくお話できます。

短期大学部では就職活動はいつから始めるのですか?

1年生で「実践キャリアプラニング」という授業を全員が受けます。女性のライフスタイルやキャリアプランについて考えると同時に、就職活動で役立つSPIやマナー、コミュニケーションの基礎を学びます。
実際に就職活動を始めるのは1年次の終わりごろからで、2年生になってから本格的に始めます。
就職に関してはいつでもキャリアセンターの職員が個別に、丁寧に相談にのってくれます。英語コミュニケーション学科の就職は、厳しい情勢の中、毎年安定した数字を出しています。
詳しくは、「卒業生の進路」のページをご覧下さい。