画像イメージ

ここからページの本文です

須賀 由紀子

生活科学部 現代生活学科 教授、学科主任

須賀 由紀子(すが ゆきこ)

SUGA Yukiko

研究室
日野キャンパス 第3館312
専門分野・専攻
余暇・生活文化論
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

「生活文化の創造」という視点から、人生の楽しみとして文化・芸術・スポーツなど様々なレジャー活動を深めていくことの価値や、自然をフィールドとする活動への動機づけについて関心を持って研究しています。最近は、成熟社会にふさわしい少子高齢社会対応のコミュニティづくりがとても大事と感じています。そのためには、高齢者と子どもをつないで地域コミュニティを活性化していことが望まれますが、そのつなぎ手のところに、若年層の生活意識も絡ませて、若者も地域社会の生活者の一員となって、コミュニティ形成の担い手となるしくみづくりに関心を持っています。

主な担当授業と概要

コミュニティ概論

学術論文を読めるようになることを目標とする。

地域文化形成論

土地のよさに愛着を持って楽しむ暮らしは、人と自然、自分と他者、そして生産と消費を結び、これからの持続可能社会に大切です。地域の価値に根差した暮らしをデザインし、プロデュースするための力を身につけます。

研究室・ゼミ紹介

【地域・生活文化研究室】地域の暮らしのよさを発掘して、個々の生活者のライフスタイルの豊かさへと結び付けていくために、どうすればよいのかを探究します。人間とは何か、豊かさとは何か、文化とは何か、という理念探求を大切にする一方、地域づくり、まちづくりの現場に入り、プロジェクトをともに動かす実践研究の中で理論的な考え方を確かな知識としていきます。現在は、市民と行政・民間が一体となった地元日野の地域コミュニティ形成のプロジェクト、プロのアーティストとともに創発していくコミュニティ・プロジェクトを学生とともに動かしています。いろいろな人たちと出会い、行動力、発想力、コミュニケーション力が磨かれます。

卒業論文題目

・日本におけるュージカル文化を見つめて ・東京とスローライフ ・余暇の充実とライフプランニング  ・人生における児童文学の意味 ・子育てしやすいまちづくり

趣味・特技

趣味は、スポーツジムに通うこと。クラシック音楽鑑賞、美術館めぐり。

受験生へのメッセージ

「将来何になりたい」という明確な職業イメージがないと、なんだか焦ってしまうことが多いようですが、人生は多様です。「型」にとらわれずに、自分の手で扉を開き、自由にいろいろ挑戦してみてほしいと思います。