画像イメージ

ここからページの本文です

橘 弘志

生活科学研究科 生活環境学専攻 教授、学長補佐

橘 弘志(たちばな ひろし)

TACHIBANA Hiroshi

研究室
日野キャンパス 本館425
専門分野・専攻
建築計画学,福祉施設計画,環境行動研究
個人ホームページ
http://www.jissen.ac.jp/kankyo/lab-tachibana/index.html別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

高齢者の生活を支える居住環境(住まい、施設、まち)
子供の発達を支える居住環境(住まい、施設、まち)
都市・都市施設の公共性からみた魅力と課題
まちの居場所・サードプレイス
人と環境との相互浸透的関係をとらえる環境行動研究

主な担当授業と概要

住居学

住居は、私たちにとって最も身近な環境の一つです。私たちの生活を守る器であるとともに、私たちの社会や文化、歴史や気候風土などを反映しています。住居学は、そのような住まいの意味や役割を学びます。

生活空間計画

私たちのふだん利用するさまざまな施設は、それぞれの用途に応じて複雑な機能をもち、複雑な空間で構成されています。よりよい施設/建築を計画するための基礎的な知識や技術を学ぶ授業です。

研究室・ゼミ紹介

研究室のテーマは、住宅や施設や街などの住環境を対象に、人と環境とがどのように関わっているのかを考えて、デザインに活かしていくことです。生活の質を豊かにするための環境の質とは何か、みんなで考えていきます。そのために、実際に現場に行って、その環境を体験し、じっくりと観察したり、人に話を聞いたりしていくと、本や写真、あるいはネット情報だけでは分からない、さまざまな環境の魅力や課題を見出すことを重視しています。みんなで仲良く頑張る、積極的にチャレンジする、自分の意見をしっかりともつ、ことを目指しています。

卒業論文題目

ユニット型高齢者施設における実践的研究
保育園の環境とこどもの遊び場面に関する研究
日常の暮らしがにじみ出す街並みの魅力
団地の建替による環境の変化が暮らしに与える影響
日本・韓国・台湾の住生活の比較

趣味・特技

ギター

受験生へのメッセージ

大学では、教えてもらえることはそれほど多くありません。でも、自ら学ぼうとする人にとっては、莫大な学びの宝庫です。面白そうなこと、興味のあることには、積極的に無責任に反応し、どんどん食いついていきましょう。頑張ろうとする人には、どこまでも応援する用意があります。