画像イメージ

ここからページの本文です

英文学科とは

世界の文化を理解しながら実践的な英語スキルを磨きます

 英語力の向上を目指すとともに、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、および英語学の研究を中心に、世界の多様な文化を学ぶ学科です。英語圏のさまざまな年代の文学作品を原書で読みこなす力、文化的背景や価値観を理解しながら作品世界を論考していく力を身につけます。「読む、聴く、話す、書く」といったスキル習得に加え、英語を使って自分の考えをきちんと表現できるプレゼンテーション能力も磨いていきます。

学科主任メッセージ

英文学科での学び-学生と教員のエキサイティングな共同作業

画像イメージ英文学科   
主任 稲垣伸一

 現代社会は日々激しく変化し、それにともなって大量の情報が増殖し続けています。現代に生きる私たちは、ある問いに対峙すると、大量の情報の中から必要なものを選び出し、その問いに対する答えを見つけ出すことが求められます。また、その答えを外に向かって明確に発信することもしばしば要求されます。この一連の作業の中で、「考える」力が重要であることは言うまでもありません。
 英文学科での学びは、現代人に求められるこうした能力と密接に関わっています。まず英文学科で目指すのは英語力の向上です。「読む」、「聞く」力は情報を収集するときに、そして「書く」「話す」力は情報を発信するときに有効です。そしてイギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、そして英語学を専門分野として学びます。それぞれの分野の授業では、教員から一方的に知識を与えられるのではなく、学生は自らが考えることを求められるでしょう。英語圏の言語・文化を学ぶ中で養成される「考える」力と実践的な英語力。この二つの能力は、激変する社会に生きる上で役に立つにちがいありません。
 そしてもう一つ、英文学科の特色として強調しておきたいのが、学生と教員との授業での関わり方です。例えば、比較的少人数で編成される3年次の「プレセミナー」や卒業論文執筆のための「セミナー」では、教員からアドヴァイスを受けながら、学生は問いを立て、情報を集め、結論を導き出します。その中で学生と教員は共通の課題に向き合い、意見を述べ合います。このように英語圏の言語・文化を学び、英語力を向上させていく過程で、共に考え、互いに刺激を与え合う、学生同士の、そして学生と教員との共同作業を英文学科は大切にしています。

英文学科の学びの特徴

 英文学科では、英語と専門分野の双方を、車の両輪のように連動させながら学びます。教育の理念や学科運営の方針については、次のように文書化しています。

英語力強化

 英語の基礎力養成、4技能(読む、書く、聞く、話す)の強化とともに、英語をさまざまな角度から学ぶことができます。

画像イメージ

(科目例)
「ベイシック・イングリッシュab」
「オーラル・イングリッシュab」
「パラグラフ・ライティングab」
「インテンシヴ・リーディングab」
「翻訳演習」
「多読演習」
「児童英語演習」

レベル別クラスで、語学力を育成

 各種の英語演習では、ITPテスト(TOEFL-ITP)を行い、その結果に従って能力別にクラス編成を行っていますので、少人数クラスでの自分のレベルにあった学習が可能です。
 1年次と2年次では、語彙力、文法、構文、文脈の理解、文化の違いを学ぶことによって英語の読解力の向上を目指します。それとともに、英語を用いて発信する力を養います。ネイティブ・スピーカーの授業では、文章あるいは口頭による表現といったコミュニケーション能力を高めることができます。また、英語以外の外国語として、フランス語、ドイツ語、中国語、コリア語のいずれかを学びます。
 さらに、TOEIC受験を目指したい、英字新聞や雑誌を読みたい、翻訳の技法を学びたい、という人のためには、それぞれ専門演習が開講されています。

女性をテーマとする科目群

 「女性」を共通テーマに、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、英語学の三分野を横断して学ぶことができます。

「女性と英語圏文学a」(イギリス文学・文化)
「女性と英語圏文学b」(アメリカ文学・文化)
「女性と言語学」(英語学)

セミナーの充実

 少人数制授業のセミナーにより、1年次から4年次まで、きめ細かく系統的な教育指導を受けられます。また学びの道筋が明確になります。

画像イメージ

1年次前期「実践入門セミナー」(大学教育への導入)
後期「英文入門セミナー」(学科専門科目への導入)
   ↓
3年次前期「プレセミナー」(卒論準備段階)
   ↓
4年次前期「卒論セミナーa」(卒業論文指導)
後期「卒論セミナーb」(個人面談・添削指導) 

1年次から基礎力を育成

 1年次の「実践入門セミナー」および「英文入門セミナー」では、大学で学んでいく上で必要となる事柄と、英文学科の学生として専門的な研究に入るための基礎力を、プレゼンテーションやディスカッションなどを通じて、少人数のセミナー方式で育成します。具体的には、英文科の各専門分野の特徴を学びながら、図書館などを利用した文献資料の検索方法・プレゼンテーションやレポートなど、文章作成の方法を身につけます。さらに、専門文献の読解と利用法を通して、専門分野の研究の基礎となるように、イギリス・アメリカの文化・思想・言語・文学の流れを広く学びます。

専門分野の研究

 英文学科には、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、英語学の三分野があります。イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化では、それぞれの国の歴史を踏まえた文学を初めとして、女性文学、民族、映像や音楽などの文化研究に至るまで、幅広い分野を扱います。英語学では英語ということばをめぐって、英語の発音面、語や文の成り立ち、英語の歴史などの研究などが行われます。

資格

 中学高校の英語教員免許・図書館司書・司書教諭・博物館学芸員の資格を取得できます(ただし、これらの資格取得のためには、きちんとした履修計画を立てる必要があります)。幼児英語教育・日本語教育などの授業もあります。また、多くの学生がTOEFL・英検などに積極的に挑戦しています。